悲報!適量のお酒という概念は実は迷信だった?|川崎で鍼灸、ラドン浴の治療を行う鍼灸院

川崎で鍼灸治療を受けるならゴスペル鍼療院
TEL:044-366-2589

〒210-0852  神奈川県川崎市川崎区鋼管通3-11-3
・JR「川崎駅」から川崎市バス(川40系統)で
「鋼管通3丁目」下車、徒歩3分
・JR「川崎駅」から臨港バス(川24系統)で
「臨港中学校前」下車、徒歩3分

ブログ

悲報!適量のお酒という概念は実は迷信だった?

  • ブログ

突然ですが、適量なお酒の量ってどれくらいでしょうかね?

酒は百薬の長とよばれ、適量であれば健康に良いと言われていました。

そういった定説を覆す事実、「お酒は少量でも脳に悪影響を与える」という衝撃の報告がなされました。

文献 Topiwala A et al, Moderate alcohol consumption as risk factor for adverse brain outcomes and cognitive decline: longitudinal cohort study. BMJ 2017; 357  (Published 06 June 2017)

https://www.mag2.com/p/news/258145

2017年の文献なので、そんなに新しいものではないですが、お酒が人生に及ぼす影響は小さくはないというのは実感できると思います。

お酒で身持ちを崩した芸能人、有名人の方も多いですし、身近な人にいらっしゃる、または今まさに困っているという方もいるかも知れませんね。

お酒好きの方には、酷な宣告かもしれませんが、なるべく飲む量をへらし、健康寿命に気をつける生活習慣を身に付けて行ってほしいと思います。

本人はもちろん、家族もいろいろと大変ですからね。

お酒の問題で厄介なのは、自分の意識の外で病気や症状が進行するということです。

急にお酒をやめろというのも現実的ではないので、お酒に関して、こういった報告があることを少しでも意識して日々の生活を送ることが大切です。