視野を大きく持つと、考え方が広がってきます。|川崎で鍼灸、ラドン浴の治療を行う鍼灸院

川崎で鍼灸治療を受けるならゴスペル鍼療院
TEL:044-366-2589

〒210-0852  神奈川県川崎市川崎区鋼管通3-11-3
・JR「川崎駅」から川崎市バス(川40系統)で
「鋼管通3丁目」下車、徒歩3分
・JR「川崎駅」から臨港バス(川24系統)で
「臨港中学校前」下車、徒歩3分

ブログ

視野を大きく持つと、考え方が広がってきます。

  • ブログ

先日から、斎藤一人さんの説法というか、講話について記事を書いております。

 

この方は、別に宗教家とか、思想家ではないのですが、哲学的な言葉をよくつぶやきます。

 

まあ、人生を極めるということは、抽象的な事象に行き着くのかもしれませんね。

 

斎藤一人さんがよく言う言葉に「因果は巡る」というものがあります。

 

斎藤一人さんいわく、人生は魂の修業の場であり、魂自体はずーっと存在するものだと言うんです。

 

前世もあれば、来世もあると。

 

この辺、信じる信じないの問題がありますし、いろいろな考え方がありますので、これが絶対というわけではないです。

 

まあ、話の種に。

 

前世の因果が今に現れているという考え方。今の人生修業が来世に現れるという考え方です。

 

なので、ずーっと続く魂の修行のなかの「今」であるということです。

 

時間軸は無限です。

 

今辛いことがある場合、それは前世の因果であり、来世に向けた修行であると考えることができます。

 

まあ、この辺のことって、誰も検証できませんのでどうということはないのですが、考え方の枠組みを広げる訓練としてはオモシロイと思ったので、ちょっとご紹介しました。

 

今、いろいろと辛いことがあっても、それは魂の修行であるという考え方ができると、病や痛みへの向き合い方がちょっとだけ変わるかなーと思います。

 

こういう考え方もあるとうことで。